格安SIMを使うには、SIMフリーのスマートフォンを用意しよう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

国内で販売されているdocomoやau、SoftBankのスマートフォンには、他社のSIMカードを利用出来ないようにするためのSIMロックがかかっています。そのため、解約したスマートフォンで格安SIMを利用とする場合は、少しだけ確認が必要になります。

docomoの場合は、格安SIMを提供する事業者に回線を貸与しているため、docomoのスマートフォンであれば、現役でも格安SIMの多くがそのまま利用できるようです。

確認が必要なのは、auとSoftBankでdocomoと同じW-CDMAの通信方式を利用するSoftBankなら、SIMロックさえ解除できれば格安SIMを利用することができるでしょう。ただしauの場合は通信方式が前述の2社とは違うため、それにあった通信方式でサービスを提供する事業者が必要です。

ただしSoftBankもauも、SIMロックを解除することが第一優先なのですが、近い将来SIMロックを解除しなくても利用できる、格安SIM提供業者が現れることでしょう。

すでにdocomoなどは、SIMロックの解除を有償で行っています。ただしiPhoneシリーズは除外です。ただiPhoneはSIMフリーモデルが、アップルストアで購入できるので、それを購入して格安SIMを利用すれば良いと思います。

これほどまで、なぜ格安SIMが話題になっているのでしょうか。実際はあまり通信を行わない、自宅では無線LANを使用しているなどの理由で、月の通信量は低く抑えられているため、実際には総容量で3GB程度あれば十分ではないでしょうか。しかし契約しているキャリでは、7GBで提供されていますがこの容量を超える通信は、おそらくたいていの人は行っていないはずです。

そうなればスマートフォンにかかる月額料金を低く抑えられる事ができるので、今非常に注目を浴びているのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*