コスパ最高!BIGLOBEの格安SIM

私は以前はソフトバンクのガラケーを使用しており、スマホは持っていませんでした、スマホ系で実施することは別途購入していたIPADで用を足していたので、特に問題ありませんでした。また、スマホの月当たりのキャリアに支払う契約料も5000円オーバーと高額というのもガラケーの使用を継続していた一因でした。

しかし、そんな風に思っていたのは、昔の話で、最近の格安SIMの登場でスマホもかなり手軽に持つことができる様になりましたので、私もスマホユーザーになるべく、準備を進めることにしました。

まずは、何はともあれ、スマホ本体の選定です。これもたくさんの端末があり、いろいろ悩みましたが、コストと性能のバランスが一番良いと判断したNEXUS5としました。値段でいうと、四万円弱くらいでした。

さて、次は重要なキャリアの選択です、こちらもたくさんの選択肢がありましたが、音声通話は着信程度しかないのでサービスとして付帯していればオッケー、また、データ通信については、基本動画など負荷が高いものは使わないので、1GB程度あれば十分という条件で、とにかくコスパが一番高いキャリアということで探しました。その結果契約をしたのはビッグローブでした。上記条件の全部コミコミで1800円!めちゃ安いです。大手キャリアの半額以下で契約が可能でした。

実際の使用感としては、回線はドコモのLTEなので、品質は良く快適に使えてますので。結果的には大満足です。

格安SIMの会社がめっちゃ増えてきている

最初は大手プロバイダーだけがサービスを提供していましたが、最近はUSENやGEOなどの他業種からの参入も相次いでいます。それぞれの業種で培った強みをサービスを提供するうえで発揮出来たらユーザーには大きなメリットになります。

ですが、ここで一点注意すべきことがあります。それはあまりにもマイナーな会社の格安SIMを契約してしまうと、逆に不便になってしまうことです。同じドコモのネットワークなので、エリア自体は変わりません。しかし、速度はドコモ本体にお金を払って、専用の帯域を確保する必要があります。資本が乏しい弱小会社ではユーザーと帯域のバランスが悪く、思ったよりも速度が出ないと言った状況になってしまいます。

上記の落とし穴に引っかからないためにも、格安SIMの比較では実際に利用している方の生の声が重要になってきています。利用者も増えてきているので、twitterやブログで速度を計測して公表してくれている人がいます。使う場所によってもちろん速度は変わるので、同じ速度になるとは限りませんが、大いに参考になります。

個人的には格安SIMでおすすめはプロバイダー系の会社です。通信が安定していますし、自宅の固定回線やモバイルルーターが同一プロバイダーなら格安SIMの料金が割引されると言った特典があるからです。大手の方が支払いで口座振替が使えると言った小さなメリットがあります。※BIGLOBEがそうですね。

これからもドンドン新規参入の会社は増えていくとは思いますが、まずは大手からの比較が無難だと思います。どうしても自分のニーズに合致しない時にマイナーな会社も候補に入れましょう。

最近の格安SIM

はじめはbモバイルやイオンなど、通信や販売網に強い企業が格安SIMの販売をしていたが、最近は、雨が降った後の山のタケノコのように関係のない会社も格安SIMを大量に販売し始めています。

サービス内容は多少の差はあれど、大きく違いません。ですが、使ってみると会社によっては接続スピードが耐えられないほど遅かったり、早いけれどなぜか接続の上限容量に数分で達してしまうよくわからないSIMなどいろいろと問題もあるようです。

正直使ってみないとわからないというのが、現状なのではないでしょうか?共通していえるのは、どこの会社もサービス開始直後は顧客数も少ないので接続スピードがとても安定して速いです。
ですから、ネットの評判もいい。その結果、ネットを見てそれならと試そうとする顧客が増える、そして自分がサービスを受ける頃になると接続スピードが落ちるという悪循環に陥ります。

加えて、回線の状態が悪く接続容量の上限にもすぐに達してしまい、ストレスが多くのしかかるSIMが非常に多い。いろいろ試しましたが、私のおすすめはbモバイルとOCNとiijです。どこも安定していますが、私の一押しはocnです。速度制限を自分で設定して、容量を抑えることができます。自分の必要な時の為に、ハイスピードの容量をとっておくことができるので、とても重宝しています。設定は簡単でアプリのボタンを一つ押すだけ。簡単です。加えて、他社と異なり、速度制限設定時でも安定して200kbps近くでるので、画質は非常に悪く、速度も遅いのですが、動画によってはyoutubeも見ることができます。速度制限時にyoutubeを見れるSIMは本当に少ないと思います。

格安SIMを使うには、SIMフリーのスマートフォンを用意しよう。

国内で販売されているdocomoやau、SoftBankのスマートフォンには、他社のSIMカードを利用出来ないようにするためのSIMロックがかかっています。そのため、解約したスマートフォンで格安SIMを利用とする場合は、少しだけ確認が必要になります。

docomoの場合は、格安SIMを提供する事業者に回線を貸与しているため、docomoのスマートフォンであれば、現役でも格安SIMの多くがそのまま利用できるようです。

確認が必要なのは、auとSoftBankでdocomoと同じW-CDMAの通信方式を利用するSoftBankなら、SIMロックさえ解除できれば格安SIMを利用することができるでしょう。ただしauの場合は通信方式が前述の2社とは違うため、それにあった通信方式でサービスを提供する事業者が必要です。

ただしSoftBankもauも、SIMロックを解除することが第一優先なのですが、近い将来SIMロックを解除しなくても利用できる、格安SIM提供業者が現れることでしょう。

すでにdocomoなどは、SIMロックの解除を有償で行っています。ただしiPhoneシリーズは除外です。ただiPhoneはSIMフリーモデルが、アップルストアで購入できるので、それを購入して格安SIMを利用すれば良いと思います。

これほどまで、なぜ格安SIMが話題になっているのでしょうか。実際はあまり通信を行わない、自宅では無線LANを使用しているなどの理由で、月の通信量は低く抑えられているため、実際には総容量で3GB程度あれば十分ではないでしょうか。しかし契約しているキャリでは、7GBで提供されていますがこの容量を超える通信は、おそらくたいていの人は行っていないはずです。

そうなればスマートフォンにかかる月額料金を低く抑えられる事ができるので、今非常に注目を浴びているのです。

格安SIMは安かろう悪かろう?

何となくみんながスマホを使っているし、店員も勧めるから、という理由でスマホに替えた人も多いはず。そして月々の料金が以前の倍以上になったりして、通信費をどうにかして安くしたいと思いつつも、年契約がまだ残ってるし、また替えるとなるとお金もかかるし、機械に詳しくもないから格安SIMを使うことに不安も感じる、そういう人も多いはず。

しかし私は言いたい。

「早く格安SIMに移行しなさい」と。
大手通信会社と格安SIMを使用した場合の料金比較は検索すればすぐに見つかるので、そちらを参考にして頂きたい。気になる使用感やデータ量だが、格安SIM会社の回線は大手のもの(ほとんどがdocomoの回線)なので品質や通話エリアは全く問題がない。

そしてデータ量の上限は大手と同様にプランが選べるようになっており、自分の生活スタイルやWiFiの使用状況によって選択すると良い。

例えば多くの格安SIMで音声通話付きの最低料金のプランでは3GBのLTEデータ通信を月々行えるが、自宅や会社等でWiFiが使える私の場合、動画をそれほど見ないということもあるが、毎月1GBのデータ通信をするかどうかである。最低料金プランで十分であると言うことが分かると思うが、私の場合の月々の支払いは通話分も含めて2000円ほどである。ガラケー時代とあまり変わらない水準まで料金を下げることができると言う訳だ。

ここまでで、格安SIMを選ばないという選択をする理由が見つかっただろうか?

格安SIMは何となく不安、どうしたら良いか分からない、と言う方はまず自分が普段どれほどデータ通信を使っているのかを知ることから始めてみてはどうだろうか?自分の使用パターンを知ると、格安SIMという選択肢がいかに多くの人にとって最適なものか分かるのではないだろうか。

格安SIMってどうなのだろう?

最近テレビCMでも良く流れていて、目にする機会のある格安SIMですが、既存の3大キャリアに比べるとすごく安いものばかりです。
既存キャリアだと月々7,8000円になりますが、格安スマホだと大体3000円ぐらいで済み、半額以下のものがばかりです。
下衆の勘ぐりというか、いわゆる安かろう悪かろうっていうもので、値段相応のサービスや使い勝手なんじゃ?と思ってしまうのが当然だと思いますし、私もそうでした。

なので格安SIMについて調べてみました。
電波状況ですが、各キャリアのネットワークをお借りしていて問題はない。ただ、格安SIM会社により、docomoと提携している所もあればsoftbankと提携しているという感じで、多少違いはありますが、3大キャリアのネットワークを使っているので、ここは問題はありませんでした。

次に気になったのはスマホにどういったものを選べるか?です。
いくら料金が安いとはいえ、低スペックなスマホとかだと嫌ですよね。
調べてみると、自分でスマホを用意できる人はそれを使うことができ、用意できない人にはスマホセットのプランがあるのでそれで提供するというものでした。
ここで提供されるスマホのスペックですが、大体本体価格2~3万円程度の最新機種ばかりで、よほど高スペックを要求しない限り不満はないものでした。
これでも不満な人は自分で用意すればいいだけだし、私はこれで十分だと思ったので、問題は感じませんでした。

新規契約や他社からの乗り換え(MNP)割引はないのか?というのも気になりました。
3大キャリアの場合、新規や他社乗り換えからだと本体価格無料になったりするので、その本体を即日売れば、解約時の違約金を支払っても儲かるというわけのわからない割引があったので、格安SIMはどうだろ?と思い調べてみたのですが、さすがにここまでの割引はありませんでした。
大体1万円程度のキャッシュバックがついてくるか、スマホ本体代が無料というのが限界でした。
月々の料金が安いので、そういった割引が安くても使い続けていくなら安上がりなことに変わりないので問題ないと思いました。

契約方法ですが、ネットで申し込むものや、家電量販店で契約するもの、店舗を構えていてそこで契約できるものと色々とあります。
一番手軽なのが店舗を構えている会社で、ほぼ3大キャリアと変わりなく、スタッフが全部準備してくれるので、スマホに不慣れな方も問題なく使えるのでお勧めです。

私自身スマホはあまり使いこなせていなかったので不安がありましたが、格安SIMにしてみても問題なく使えたので、月々の料金に不満がある人は料金を抑えられる格安スマホも考えてみてもいいと思います。

最安値!?ServerMan SIM LTE

株式会社D・T・I ドリーム・トレイン・インターネットというプロバイダのServerMan SIM LTEはなんと月額467円と言う格安価格で提供しています。初期費用が3000円で月額料金467円です。オプションで色々と金額が変わるのですが、何も付けなければ月額467円です。

気になるオプションは、ServerMan050というIP電話サービスは月額300円です。SMSオプションが月額143円です。SMSオプションはSMSの利用が出来るようになります。

速度切り換えサービスは高速化させる為のサービスです。100MBが250円、500MBが1250円、1GBが2500円です。通常時の最大受信速度は250kbpsで、かなり遅めなのですが、LINEをする位であれば、特に気にすることなく使えるレベルです。

なにかあった時の為に、スマホが必要という人にもってこいのSIMかもしれません。
なんといっても、月額467円ですから、格安でスマホを持ちたいという人にもオススメですね。

いやいや、月額467円でも高いよ!と言う人には、なんと0円で持てるSIMが存在します。
ただし、1ヶ月ネットを使用しなければの場合ですが、とにかく形だけでもスマホをもちたいといった人にオススメです。とは、いっても使った分だけ料金が上がっていくので注意が必要です。

月額0円のSIMは、b-mobileの基本料0円SIMです。こちらは、MVNOの先駆けである日本通信のサービスになります。
こちらのSIMは全国のヨドバシカメラで契約することができるので、気になる方はヨドバシカメラへ行ってみてください。格安SIMは探せば探すほど色々なサービスがあるので、自分にあった格安SIMを探してみて下さい。